化粧品の消費期限に気をつけよう

スキンケアにこだわりがあって、複数の種類のものを肌の状態に合わせて使いわけている人は、化粧品の使用期限に注意が必要です。

化粧品は開封して酸素に触れてしまうと酸化していき、劣化します。

開封してしまったものは目安として半年以内に使い切るのが良いとされています。

化粧水や乳液など、毎日同じものを使い続けていれば、通常は半年以内で使いきることができるでしょうが、使ったり使わなかったりしていると、半年を過ぎても使い切ることができない化粧品もあるでしょう。


また、思い切って高級スキンケアを購入すると、もったいなくて特別なときしか使わないという人がいらっしゃるかもしれません。

特別な日にしか使わないとなると、半年を過ぎても使いきれないことが多いでしょう。
また、もったいないからとチビチビ使った場合もかえってもったいないことになります。

新しい美白のシミの情報を要約した情報サイトです。

推奨されている量を使わないことで効果が発揮できず、長期間大切に使い続けていることで劣化してしまう可能性があります。
複数の化粧品を使いわけている人は、いつ開封したかわからなくなることもあるでしょうから、化粧品のボトルに開封した日付を記入しておくのもよいいでしょう。

また開封しなければいつまでも劣化しないというわけではありません。



未開封のものは一般的に3年が消費期限と言われています。

スキンケアを買い置きした場合は、使うときに開封するようにし、直射日光が当たらない場所で保管するようにしましょう。




Copyright (C) 2015 化粧品の消費期限に気をつけよう All Rights Reserved.